各種保険への加入


 

【新郎さん】

 医療保険に加入している新郎さんは多いと思いますが、死亡保険に加入している人は少ないのではないでしょうか。特に新婦さんが専業主婦になる場合は、死亡保険に加入することをおすすめします。子どもが出来れば、いずれは加入しなければいけないものです。共働きであっても、子どもが産まれてからよりは、結婚時に加入しておいた方が、保険料が少なくてすみますよ。

 「保険スクエアbang!」というサイトでは、いろんな生命保険会社の資料を一括請求できます。ネット上で簡単に請求できるので、便利ですよ。いろんな会社のサービスを比較して自分に適した保険を選んでくださいね。

 

【新婦さん】

 新婦さんは、絶対に医療保険には加入しておいた方がいいですよ。というのも、女性は妊娠すると、医療保険に加入できなくなるからです。通常分娩には保険が効きませんが、帝王切開や妊娠・出産の合併症・流産などは保障されます。もし、妊娠判明時に医療保険に加入していなければ、非常に困ることになりますよ。

 最近の帝王切開率は15〜20%なんです。少ない保険料をけちったばかりに莫大な手術料を負担するということのないようにしたいですね。(すでに医療保険に加入している人も、下で紹介しているように、『女性専用の医療保険』というのがありますから、現在、一般の医療保険に加入している人は、少し見直してみるといいかもしれません。)

 できれば、結婚式の準備中に保険会社から資料請求しておいて、比較検討し、入籍後すぐに加入できるようにしておくのがベストですね。妊娠・出産の合併症などの他、女性特有の疾病(子宮ガン・子宮筋腫・乳ガンなど)に対して手厚い保障が受けられる女性専用の医療保険がおススメです。一度、資料請求して、目を通してみましょう。
 

 

M−(3)

新生活の準備

BACK

M−(4)

各種保険への加入

NEXT

M−(5)

結婚報告はがき

 

M

(1)結婚後の各種手続き

(2)新婚旅行

(3)新生活の準備

(4)各種保険への加入

(5)結婚報告はがき

(5−2)結婚内祝い

(6)新居探し&引越し

(7)転職・お小遣い稼ぎ

→ 手作り結婚式&費用節約ウエディングのTOPへ

▲ このページの先頭にもどる

 

Location : 手作り結婚式&費用節約ウエディングTOP > M結婚後にするべきこと > (4)各種保険への加入

 

本ページに掲載の文章・写真等の無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 2006-2018 手作り結婚式&費用節約ウエディングkekkonnsiki) All rights reserved.