結婚後の各種手続き

 新婦が新郎家へ入籍する場合について記載します。(逆の場合は逆の立場で読んでください)

【入籍届】

 新婦さんは住んでいたところの役所で転出届を提出し、転出します。その時にもらう転出証明書を持って、新郎の住んでいるところの役所で、婚姻届・転入届を提出します。この際に、住民票を数部発行しておきましょう。種々の手続きで必要になります。

【免許証】

 まずは、免許証です。新しい住民票を持って入籍先の管轄警察に行くと、すぐに免許証を書き換えてくれます(裏面に新しい名前・住所を書かれるだけです)。他県からの転入の人は証明写真も必要です。

【自動車変更登録】

 自分で車を所有している場合、新住所での車庫証明などが必要です。所轄の警察署で車庫証明を取ったら、新しい住民票・車検証・自賠責保険証・印鑑とともに管轄の陸運支局または自動車検査登録事務所へ。書類が多くて複雑なので、最寄りのディーラーに頼むのが無難です。(結構お金をとられるので、節約したい人は自分で頑張って!)

 自動車保険(任意保険)の見直しも忘れずに!(特に年齢制限付きの保険にしている人は注意が必要です)。姉妹サイト「節約主婦の節約術」内の自動車保険のページを参考にしてください。

【健康保険証】

 健康保険は新郎の保険に加入する場合が多いかもしれませんが、社会保険の扶養控除は年間所得130万円までですので、結婚後も共働きの人はご自分の健康保険を継続されることになると思います。問い合わせて名義変更しましょう。

【パスポート】

 パスポートの名前は必ずしも変更する必要はありません。結婚前の姓であっても海外旅行には行くことができます。私もまだ変更していませんが、結婚してから2回ハワイに行っています。ただし、この場合旅行会社にその旨を伝えて、旧姓で航空券を発行してもらう必要があります。パスポートの再発行はお金がかかるので、できれば旧姓のまま使用しましょう。

【銀行口座】

 多くの口座を持っていると結構面倒くさいです。それぞれの銀行で名義変更しなければいけません。口座を開設した支店で届け出ると、手続きがスムーズに。

 

M−トップ

結婚後にすること

BACK

M−(1)

結婚後各種手続き

NEXT

M−(2)

新婚旅行

 

M

(1)結婚後の各種手続き

(2)新婚旅行

(3)新生活の準備

(4)各種保険への加入

(5)結婚報告はがき

(5−2)結婚内祝い

(6)新居探し&引越し

(7)転職・お小遣い稼ぎ

→ 手作り結婚式&費用節約ウエディングのTOPへ

▲ このページの先頭にもどる

 

Location : 手作り結婚式&費用節約ウエディングTOP > M結婚後にするべきこと > (1)結婚後の各種手続き

 

本ページに掲載の文章・写真等の無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 2006-2018 手作り結婚式&費用節約ウエディングkekkonnsiki) All rights reserved.