ウエディングドレスは購入すべし

■ウエディングドレスのレンタルは高い

 おかしな話ですが、ウエディングドレスは、新品の購入料金とレンタル料金がほとんど変わりません(結婚式でウエディングドレスを着ない人はほとんどいないので、足元をみられているわけです)。レンタル料金を交渉で値引きするのは難しいですが、購入料金を安くする方法はあります。(当カテゴリ(E格安ウエディングドレス)では結婚式の衣裳を格安で購入する裏技を紹介していますので、参考にしてくださいね。)

 つまり、ウエディングドレスはレンタルするよりも、購入した方がお得なんです。購入すれば、自分の物になりますしね。「別に自分の物にしたくない」っていう人も、結婚式が終わった後にオークションで売る事だってできますよ。

■購入したウエディングドレスは持込料がかからない場合が多い

 確かに、ウエディングドレスの持ち込み料金がかかる結婚式場もありますが、これは結婚式場が契約していない衣裳店からレンタルする場合であることが多く、自前の(自分で購入したり、作ったりした)ドレスの場合、無料で持ち込めるはずです(成約前に結婚式場にお問い合わせ下さい)。

 ちなみに、私達が利用したホテルでは、自前のドレスの持込料は無料でした。ウエディングドレスは購入したもので、カラードレスは叔母が作ってくれたものだったからです。

 ウエディングドレスは、アウトレットセールを利用して25万円のドレスを2万円で購入しました。カラードレスは、被服専門の叔母がクレージュの生地で仕立ててくれました。両方25万円くらいだとすると(カラードレスはオーダーメイドということだから、もっとするのかもしれません)、本来50万円のところが、2万円で済んだということになります。

 (2万円のドレスの写真はE−(2)「ウエディングドレスを格安・激安で」に、叔母が仕立ててくれたカラードレスの写真はE−(3)「手作りウエディングドレス」)にあります。)

■ウエディングドレスのレンタル代を含まないプランで

 ただ、衣裳のレンタルは、結婚式場が用意しているプランに含まれていることが多く、そういったプランを利用した場合は、当カテゴリ(E格安ウエディングドレス)の節約術を使うことができなくなります。J婚礼料理で述べているように、プランは衣裳料金などを一切含まないシンプルなものを選びましょう。

 

E−トップ

格安ウエディングドレス

BACK

E−(1)

ドレスは購入すべし

NEXT

E−(2)

ドレスを格安・激安で

 

E

(1)ドレスは購入すべし

(2)ウエディングドレスを格安・激安で

(3)手作りウエディングドレス

(4)ウエディングアクセサリー

(5)ブライダルインナー・下着

(6)ブライダルネイル

(7)タキシード

(8)ブライダルエステ節約

→ 手作り結婚式&費用節約ウエディングのTOPへ

▲ このページの先頭にもどる

 

Location : 手作り結婚式&費用節約ウエディングTOP > E格安ウエディングドレス > (1)ウエディングドレスは購入すべし

 

本ページに掲載の文章・写真等の無断転載を禁じます。全ての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 2006-2018 手作り結婚式&費用節約ウエディングkekkonnsiki) All rights reserved.